タネのこと
タネは大きく分けると“F1種”と“固定種”の二種類があります。 “F1種” 現在のタネはF1種(異なる種類の親同士で掛け合わされた交雑種)が 主流です。 スーパーで売られている真っすぐなキュウリ。 苦みが少ないピーマン。 生でも食べられる甘いトウモロコシ、などなど。 昔と形や味が違うよなぁと感じる野菜はほとんどがF1種です。 たくさん採れて形や味がそろっている。輸送にも向くので、大量生産・大量消費時代の申し子としてもてはやされました。 F1種は実はなるけどタネができなかったり、タネが採れても親と子が 全然違う形や味になったりします。 そのため農家は毎年新しいタネを買い続けなければなりません。 “固定種” その一方で固定種というタネがあります。 昔から作られ、ずっとタネを採り続けてこられた品種です。 F1種と違って形が不ぞろいだったり、採れる量が少なかったりします。 でも味はぼくたちが子どもの頃にかじったことがある、 どこか懐かしくて濃~いあの味です。 現在ナチュラルファームCocoroで育てている野菜は100%固定種です。 これに関しては食の安全とか永続可能とか難しいことはさておき、 固定種の持つ深い味に惚れ込みました! 何年か自分たちでタネ採りをしているものもありますし、まだうまく いかないものもあります。そうやってタネ採りを続けていくことで、 タネたちはどんどんその土地になじんでいくそうです。 そんなタネの成長を見守ることも固定種を育てる楽しみの一つです♪
栽培方法のこと
肥料のこと
ごあいさつ 大切にしていること 100%固定種野菜セット 風の谷のお米
わら細工 つながるワークショップ お問い合わせ