肥料のこと
肥料を販売しているのは日本の会社です。 ではその原料はどこからやってくるかご存じですか? 実は化成肥料も有機JASの肥料も、原料のほとんどは外国(主にアメリカと 中国)から運ばれてきたものです。 将来的な食料不安に備え、すでに中国は原料の輸出を減らしはじめています。肥料の価格も年々上がっています。 そのような海外からの肥料に依存していては、万が一の時に対応できません。 ナチュラルファームCocoroが主に使っているのは肥料ではなく、堆肥です。 堆肥は土中の微生物を増やし、土そのものを豊かにしてくれます。 野菜にとって肥料がご飯なら、堆肥はヨーグルトみたいな役割です。 しかも堆肥は地元で手に入れることができるものだけで作ることができます。 平飼い無薬で育てられた鶏のフン。 古民家を壊すときに出る古い壁土。 地産地消の大豆にこだわる豆腐屋さんから出るオカラ、などなど。 地元で安定して手に入る安全な資材を使って、 ナチュラルファームCocoroならではの堆肥作りに取り組んでいます。
タネのこと
栽培方法のこと
ごあいさつ 大切にしていること 100%固定種野菜セット 風の谷のお米
わら細工 つながるワークショップ お問い合わせ